介護業界での転職で要注意!いい施設と悪い施設の見分け方
2021.09.09掲載
  • Facebook
  • Twitter
  • Line
お役立ち情報

 

介護職として働く中で、やりがいを感じることはできているけれど勤務先に対する不満が募っているという人は少なくありません。不満が募ってしまう背景には、人間関係や就業条件など様々な要因があります

今回は、介護職が働いていて辛いと感じる施設の共通点や応募前にチェックすべきポイントについて解説していきます。転職を考えていて、いい施設と悪い施設の見分け方を知りたい人は、ぜひ目を通してみてください。

  

介護職が働いていて辛いと感じる施設

 

はじめに、介護職が働いていて辛いと感じる施設の共通点からみていきます。

 

◯代わりの人を見つけないと休めない

たとえ体調管理をしっかり行っていても、体調を崩してしまったり、身内の不幸があったりすれば仕事を休まなければいけません。しかし、中には代わりの人を見つけないと休めないという施設もあるのです。

介護業界は人手不足なので、ぎりぎりの人数でシフトを組んでいる場合、代わりがいなければ仕事にならないという事態に陥ってしまいます。特に体調不良で仕事を休みにくいというケースが多いですが、休んだことで嫌がらせなどをされるような職場は辞めた方が良いでしょう。

 

◯有給休暇を取得できない

有給休暇を取得できないもしくは取得しにくい雰囲気になっているという施設も少なくありません。

有給休暇の取得は義務となっているので、取得できない場合は問題です。シフトで決められた休日日数ではどうしても足りない、特定の日でなければ済ませられない用事があるといった場合に取得するケースが多いですが、周りの目が気になって取得できないという人もいます。介護職はぎりぎりの人数でシフトを回しているため、余計に周りから批判的な声が上がってしまうことが考えられます。

 

◯スタッフの入れ替わりが激しい

スタッフの入れ替わりが激しい施設もあります。そのような施設は、求人に書かれている内容と実際に行う業務や考え方に乖離がある可能性が高いです。

問題点に気が付いているにも関わらず、改善を目指そうとしない施設には要注意です。

 

◯利用者からのセクハラや暴力がある

認知症を患っている人は、自分の思ったことを上手く伝えることができないため、スタッフに対して暴力をふるってしまうことがあります。元々気性が荒く暴力的な人もいます。

また、女性スタッフに対してセクハラまがいな行動や言動をする利用者もいます。そのことをトップに相談しても解決に向けて動いてもらえない場合は、ブラックな介護施設だと言えます。

 

このような状態になっている介護施設は、スタッフの負担が大きくなってしまう可能性が高いです。ストレスも溜まりやすくなってしまうため、仕事に対するやりがいを感じにくくなってしまう場合もあります。

仕事にやりがいが感じられなくなってしまうと、介護職自体に嫌気がさしてしまうこともあるので、ブラックな施設で働き続けることはやめてください。

 

応募や採用される前にチェックすべきポイント

 

応募前にチェックすべきポイントを把握しておくと、ブラックな施設を回避できる可能性が高いです。では、どのようなポイントをチェックすべきなのかみていきます。

 

◯求人が常に出ている

介護施設に限ったことではありませんが、常に求人が出ているところがあります。これは、常に人員が不足しているということです。常に人員不足なのは、人の出入りが激しい可能性が高いです。

求人を見てみると魅力的な内容になっているかもしれませんが、人の出入りが激しいのは注意しなければいけません。そのため、介護職への就職や転職を考えているなら、求人を常に出しているところは避けた方が良いと言えます。

 

◯近隣の施設よりも給与が明らかに高い

近隣の施設よりも給与が明らかに高い場合も要注意です。

もちろん母体となっている法人が高い給与を支給しているというホワイト企業もあります。しかし中には、人を集めるという目的で高い給与を設定している場合もあります。

前者であれば応募しても問題ありませんが、後者は働き始めてから後悔してしまう可能性があるので注意しなければいけません。その理由として、採用後に雇用条件を変更させてしまうケースがあるからです。応募する前に口コミなどをリサーチして情報を集めておくとどのような施設か把握できるようになります。

 応募や採用される前にチェックすべきポイントを知っておくと、働き始めてから後悔する可能性が格段に低くなるのでおすすめです。自分に合う職場に出会える可能性も高くなるので、ぜひこれらのポイントをチェックした上で応募や内定承諾をするようにしてください。

 

介護転職をするなら、今よりも良い条件の施設で働きたいと思うものです。特に、今働いている職場に不満を感じている人はそのように思う傾向があります。

しかし、実際に働いてみないと分からない部分もあるので、どうすればいい施設と悪い施設を見極められるのか知りたいという人は、今回紹介したポイントを念頭に置きながら求人を探してみてください

また、福島県内で介護職の就職先や転職先を探しているという場合は、福島介護求人・転職ナビで紹介している介護のお仕事への応募もご検討ください。

 

福島介護求人・転職ナビでは、福島県内各エリアの求人を紹介しています。そのため、希望するエリアで希望する施設の求人を見つけられる可能性が高くなっています。